★ Healing Sanctuary "Beatifica"より、お知らせ。

☆毎日13時と20時に平安の祈りと瞑想をしてみませんか?

☆上記の時間に合わせ、PWYW方式(希望額支払いにて、
太陽』と『』と『』のスピリチュアルヒーリングを日々しています


☆3月に横浜にてワークショップをする予定です。
☆大阪以外にも横浜での対面セッションもしています。

1/02/2014

差し込む光を受け入れてみましょう♪

黄色い銀河の種の年 律動の月 21日
KIN64 ★ 『 12(水晶) 黄色い種 - 赤い空歩く人 』 
おはようございます。藤次郎です♪
今日も見て下さってありがとうございます。

2014年は激動の年となると言われていますね。

ただ、これまでに、特に2013年に準備をしてきた人にとっては、
その流れに乗って行きたいところに辿り着く年となりそうですね♪

浄化などは現代社会においては欠かせないものですけど、
この一月は意識的に浄化に励むといいかもしれませんね。

瞑想や祈り、気功やヨガなどのスピリチュアル・トレーニングがありますが、
それらの機会を利用して、無心・無欲となって日常を過ごしてみて下さい。

そうすると、激動と言えども、優雅に流れに乗って穏やかに過ごせるのだと思いますよ。


ほんのちょっと意識を変えて、行動を変え、新しい習慣を受け入れてみて下さいな♪

そうしたら、この一年。。。というよりも、これからの年月を気楽に生きれますから。


それと、物事の始めに良いとされる吉日の一粒万倍日が、
今週末の1/4-1/5の2日あります。

新しいこと。これから創めていくことは、この日を選択してみるといいかもしれませんね。


昨夜の新月に、願い事リスト 書いてみた方もいると思いますけど、
この日から早速始めてみるのにいいと思いますよ。

天からのサポートを受けて順調に進めると思いますから♪


それから、スピリチュアルに興味のある方にオススメなのが、
現代の精神世界文化の原典とされている書籍を読み始めることでしょうか。

読み易く分かり易い本ではなく、
読み難く分かり難い本を読んでみては如何でしょうか?


読み易い本は、既にあなたが理解していたり、
すぐに理解できるもので、確認作業のように読むだけですから、
あまり成長を促すものではないのではないでしょうか?

それに比べて読み難い本は、
今までもあなたの成長を大きく促す本ではありませんでしたか?

初めは寝てしまうかもしれません。
そんな時は睡眠学習と割切ってみましょう(笑)

そして、そのまま枕元においておきましょう♪

次第に本を通して伝わる波動に慣れてきて、
初めて読んだ時とは違って眠くならず、
読み進めることも出来てくるのだと思いますよ。


そして、一日一日少しずつでいいですから、
一年掛けて読み進めるつもりで読み始めてみて下さいね♪



オススメはやはり奇跡講座でしょうか?
三部作のうち、テキスト編ワークブック編の2冊が出ています。

奇跡講座は、精神世界・スピリチュアルを日常において実践していく上での、
基礎的な心構えを体験的に身に付けることが出来る教科書として、
大変優れており、例え奇跡講座が”最後の一冊”とはならなくても、
人生の中で大きな影響を与える一冊になるのではないかと思います。

他にも優れた書籍が出版されているので、
今まで気になっていたけど、読んではいなかった古典に手を伸ばしてみて下さいね♪


それでは今日も、あなたの歩む道に光が差し込む日でありますように♪


藤次郎

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★いつも読んで頂いてありがとうございます。
  感想を待っています。そして、クリックでの応援もありがとうございます♪

 
 人気Blogランキング 

 精神世界ランキング  ブログ村ランキング 

いってらっしゃい。また明日も読みに来て下さいね~♪
それから、あなたの人生に幸運を呼び込むヒーリングも利用してみて下さい♪

★ ヒーリングイベントの紹介 ★
毎日
13時と20時
『平安の和』への誘い~平安の祈りと瞑想~
毎日
13時-14時
『太陽』のヒーリング ~ SUN Light Healing ~
毎日
20時-21時
『星』のヒーリング ~ Ster Light healing ~
毎月
13日-20日
『太陽』と『星』のヒーリング ( いいね!Ver.)
毎月4回
1月は1・8・16・24
『月』のヒーリング ~ MOON Light Healing ~
ワークショップ
横浜 or 大阪
『聖霊と調和する』ワークショップ


御心のままに。

./././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././././

新しい記事 以前の記事