★ Healing Sanctuary "Beatifica"より、お知らせ。

☆毎日13時と20時に平安の祈りと瞑想をしてみませんか?

☆上記の時間に合わせ、PWYW方式(希望額支払いにて、
太陽』と『』と『』のスピリチュアルヒーリングを日々しています


☆3月に横浜にてワークショップをする予定です。
☆大阪以外にも横浜での対面セッションもしています。

9/28/2013

猫と人のスピリチュアルな話♪

黄色い銀河の種の年 電気の月 9日  
KIN228 「7(共振)黄色い星―白い風」
おはようございます。藤次郎です♪

今日も見て下さってありがとうございます。




猫っかわいいですよね。


道の途上で、猫の集会を見掛けると、

思わず歩みを止めてしまいますよね♪


かわいいです。ねこ。




今日はそんな猫と人のスピリチュアルな話をリクエストを頂いたので書いてみます。





猫ってのは、その容姿だけではなく、

その自由気ままな在り方に場が和み、

見ているだけで癒される身近な存在として、

愛されていますよね。


そして、日本でも古くから文化の中に取り込まれ、

生活の中に溶け込んでいます。


でもそれは、日本に限ったことではないようで、

世界中で広く愛されていますね。




ネコとヒトがパートナーとして歩みを始めたのは、

ずっと昔。紀元前の世界からと語られています。


エジプトでは始め、

『マフデト』という正義と成就というライオンの力を表す女神がいたけれど、

猫の可愛さに魅了さる人が続出してしまったあまりに、

とうとう『バステト』という猫の力を表す女神が台頭してきて、

その神格を高めその座に収まったようです(笑)


その時代から、ずっと猫は人々と共にあって、

ネズミから収穫物を守ることから、

豊穣や守護、その愛らしさから女性性を表すシンボルとして、

今と変わらない距離感で、共に生活をすることになりました。



そしてラーのファミリーの一柱として、

人々が霊的な道を歩む際の有力なパートナーとして、

二つの目に映る世界から、一つの目で観る世界へと道を開き、

その旅を守護し、豊かさを齎すものとして、

私達には今も盟約に基いた力を与え、協力してくれています。


おやすみ。ねここ♪



具体的にはアストラルトラベル、幽体離脱とも伝えられる、

アストラル界、幽界での旅にお供してくれます。


肉体や外部環境の守護は犬の役割だけれど、

猫と共に過ごすことで、

肉体に重なり合い実在するヒトの一側面である、

霊体や霊的環境の守護とガイダンスを与えてくれます。


そしてまた、チャネリングやヒプノセラピーなども含めた、

様々なスピリチュアルな儀式などの行為においても、

それが円滑に執り行われるように計らってくれますよ。


ソウルメイトと呼ばれる結び付きがクローズアップされることもあるけれど、

ソウルパートナーとしての動物との関係性も見直されるといいですね。


ロシアの科学者が撮影に成功した体外離脱の瞬間です。



最近の日本ではヘミシンクという、

”擬似体験を促すツール”として優れているプログラムがありますが、

神秘体験を促し、心身の解放や霊的な目覚めへの準備を行う過程で、

心身の状態によってはネガティブな存在にも遭遇したりするようで、

そのような話を僅かながら聞いたりもしています。


その場合には基本的な対処と同時に、

旅の保護者として猫さんに可愛くお願いすると、

その幽界での旅を正しく導き、守護されることでしょう。


眠たいにゃ~。

再び、ネコさん話に戻して。


ほんとのびのびとして、自由気ままに生きてますよね~。


人も同じように、のびのびと、実際に身体と心を伸ばすことを意図してみると、

リラックスしていく過程で、凝り固まっていた筋肉や観念に気付き易くなるので、

ただ気付き、そして気付いたなら、撫でてあげたり労いながら、

そこに留まっていた意識を休ませてあげて下さいね。


そうしたら、自然と経絡系の滞りも解消されていき、

ライフエナジーも循環し易くなり、心身のラポールが取れ易くなりますよ。


心身のラポールが取れてくると、選択肢が無限にあることが理解され、

縛られていた制限や社会的な洗脳からも解放されいき、

自由気ままに、在るがままに、人もまた生きていけることに気付けます。


あなたもまた、猫のように、のびのびと、魂の赴くままに生きていけますよ。




そして今度は、猫と人の話に戻し、

その記録を神代の時を振り返ってみたいと思います。


昔は天からの訪問者、飛来する者の多くがその形を原型を隠しておらず、

というよりは、この時代に生きる人々もまた半霊半物質だったので、

その崇高な御姿を知覚することもでき、人々は尊敬と畏怖を感じていました。


彼らは遠い地から、変化を求め旅を続ける者達であり、

現代よりも寿命の長かった時代であっても、

到底適わぬほどに永久の時を生きる人々でありました。


そして、その中で培われた叡智と共に、

僅かな時間をこの地で過ごし、人の持つ原型としての本来の在り方や、

この先の進化を正しく促す為の技術の提供をして去っていく事になります。


そして、そのスピリチュアルエナジーの一部が具現化し、

後に神々と呼ばれた守護者たる一族たちとの盟約に基いて、

繁栄と正しき叡智への導きを手助けするために、

その力を今も与え続けているのです。




それにしても、愛らしいですね。

今も私達にその神の愛を分かち合ってくれています。




愛を分かち合うことや、思いやりを持つことなど、

純粋な神への献身は、あなたに霊的な豊かさを与えます。




人は人自身で解決出来たことはなく一度もなく、

今も、そしてこれからも、神の庇護の元に、兄弟達と共に在り続けます。




神の子として、一つの光を共有する、輝きの一つ一つとして。




そんな感じで、猫のスピリチュアルパワーについて、

猫と人のスピリチュアルな話を今日は書いてみました。


それでは今日もあなたと共に。



藤次郎


★読んだらポチポチッと応援よろしくお願い致します♪

①『人気Blogランキング』へ。

②『精神世界ランキング』へ。

③『ブログ村ランキング』へ。


P.S


P.P.S.

メルマガを出しています。

メルマガ:Newsletter from "Beatifica"

ワークショップやエナジーワークの告知、
頂いた御質問などに藤次郎はこう思っていますってのを、
書いていければ思っています。

なので、聞きたいテーマがあれば教えて下さい。

宜しくお願い致します。 
新しい記事 以前の記事